ぼんじょ〜るの! 〜WRCサンレモ〜
SS8編 その2


はい、こちらダンナチョーンネ・ペスカトーレです。  (; ̄з ̄)ふ〜長い名前だ。

こちらも画像は死ぬほど重いですよ!気合を入れていきましょう!

現在、オカミチヨーネさんのいる、Baiardo入口交差点から、200mほど道を下ったところにいます!

しかも、なかなかいい感じのヘアピンカーブのど真ん中にいるんですよ!
SSだったら、絶対にこんなところにはいられませんね!(笑)

で、さきほどのグロンホルム様ですが、こちらもいい感じで撮れましたよ〜。

グロンホルム様
タイトヘアピンを
安全運転で駆け抜ける!

(AVIファイル、1.35 MB)

続いてマクレー、バーンズもこんな感じです!(スピード感が足りない、という方は早送りでご覧下さい。)

マクレー
タイトヘアピンを
安全運転で駆け抜ける!
(くどい)

(AVIファイル、1.5 MB)

バーンズ
これまた
安全運転で駆け抜ける!
(しつこい)

(AVIファイル、943 KB)

さーて、次はどのマシンがやってくるのでしょうか!? 待ち遠しいですね。

・・・・・おやぁ?

向こうの方に、なにやらド派手な車の集団がいますねぇ・・・・・

ちょっと確認に向かってみましょう!(てけてけてけ・・・・)

どうやら、WRCレプリカ好きによるオフ会のようですね。

何やら皆さん、和気藹々とやっています。

かなり駐車も乱雑です(笑)

ちゃ〜お! 今日はどちらのクラブのオフ会ですか?(^o^)丿
みなさん、出来のいいレプリカ・カーですね!
お〜!このオーバーフェンダーすごいっすね。
板金叩き出し?それともムスケティア?
レーシングスーツもリアルです!2002年モデルですね!

ドライバー達:「・・・・・・(こいつ、シメちまおう)」


んなわきゃ〜ありません! もちろんみなさん本物です! ここ、時間調整にちょうどいい場所なんでしょう!

でも、このヘタレた雰囲気、車を見たりとか、雑談とかまさにオフ会そのものですね〜(爆)

でも、他にオフシャルや観客の姿は全くありません!

イタリアの片田舎に、世界のトップ・ラリー・ドライバー(多数)と私だけ! 1:Nです! 緊張します!  

 
これはパニやん弟でしょうか?

何やら車の中を物色しています。

でも、勝手に兄貴のカバンに触ると怒られますよ(笑)

ケガによる欠場から無事に復帰したパニやん(兄)が、後輩に教訓を語っています。

「いいか・・・右手に電球をしっかり持ち、左手を添える・・・そして、ゆっくりねじ込むんだ。

 ただし、足元には気をつけろ! 脚立が倒れるかもしれんからな!(ふっ)」


パニやん:「ま、中古だから5000万でいいよ」
お安いような、お高いような(笑)

ロバンペラのコ・ドライバーのVoitto Silanderさん。

シブいです。

そんな人はシランダぁ〜・・・。(ざぶとん没収)

よく見ると、みなさんタイヤの後ろに石を置いています。

坂道に駐車するときは、こんな気配りが大事ですね。

さすが、世界のトップドライバーたちです。ぜひ見習いましょう。

(でも・・・・片付けていけよ・・・・)
(明日も使うんじゃないの?)


これはバーンズ号が停まっていた時の石。
拾ってきたので視聴者プレゼントに!(嘘)


文字モジ君じゃないよ(笑)

あっ!そろそろ時間なのでしょうか、パニッツィ選手が出発するようです。

遠慮している場合ではありません。もっと近くに寄ってしまいましょう!

はーい!ジル!

おおっ! 手を振り返してくれました。(実話)

さすが舗装路王者、ファンサービスもばっちりです!


Σ( ̄□ ̄;)はっ! わたくし、大変な光景を目の当たりにしてしまいました。

イヤホンからの音声:(どっどうしたんですか?ダンナチヨーネさん!)

あ、あの、ハリー・ロバンペラ選手が!!

イヤホンからの音声:(゚д゚;)ごく!

立ちションしてますぅうううう!!


世紀の大スクープ!
こんなん公表していいのか!?
(手遅れ)

イヤホンからの音声:(なぬ〜! そ、それはイメージダウンでは!?(笑) Σ( ̄ロ ̄lll) 私、結構ハリーのファンなんですよっ!

イヤホンからの音声:(ところで、彼、いつ手を洗うのでしょうか・・・)

さぁ・・・・・・?

なんて言ってると、もうひとり始めてますぅ!!

やはり、SSの途中でモヨオシテしまっては大変ですからねぇ・・・・・

ここは、非常に都合のよい場所なのでしょう。

その直後の、すっきりしたロバンペラの勇姿!

気を取り直していきましょう・・・・

次に現れたのは(へへ)シトロエンが現れました。 ブガルスキー組です! パニやんが走り去った跡に駐車したもようです。


寝てるわけないっての!
ブガルスキー選手、すっかり寝ていますね(笑)

でも叩き起こして、ちょっと話を伺ってみましょう。

「ブガルスキーさん、現段階でのトップはどなたですか?」

「もちろん俺だよ!(嘘)」

「すばらしいですね。がんばってください。期待しています。」

(これは実際にかわした会話内容です!)


で、公式プログラムの表紙に
サインもらっちゃいましたぁ!
いえ〜い!

ぶがるすき:「さ〜て、うちらもそろそろ行こうかね。」

ちょっとちょっと!
ドアどあドア!

(AVIファイル、1.39 MB)

むむっ、三菱の「俺様デル様」は停まらずに行ってしまいました。

それではそろそろ上へ戻りしょーかね。

オカミチョーネ・カルボナーラさんへ中継を戻します。


ソルベルグ号
ヤングマガジンのぶた


はい、再びオカミチョーネ・カルボナーラです。

今、BASTOSのThiry選手と、シュコダのKresta選手もまた、時間調整を行っております。
地元の方々と交流したりして、先ほどと違い、ほのぼのした雰囲気がありますね。

ダンナチヨーネさん、こちらです! ダンナチヨーネ レポーターが戻って来ました。

あ、赤ちゃんがKresta選手と記念撮影を行っています。非常に羨ましいです!
こんな時でも笑顔でファンサービスに応えてくれるのですね。

あう〜・・・ さっきのグロンホルム様を逃したのは非常に痛いです!

ということで、私もシュコダに突撃します!

「サインお願いします!それと一緒に写真を撮ってください!」
「いいよ〜ん。」

おお!今回全くもってノーマークでしたが、
なんて好青年でハンサムなんでしょうか!!
オカミチョーネ、惚れてしまいそうです。

なんと、手をさりげなく肩に乗せてくれました
以後、名前を覚えておきます!(爆)


BASTOS RACING TEAM 強化月間

  


大方のワークス勢が行ってしまったので、そろそろ我々もスタートポイントへ戻り始めましょう。


ボンネットの2本線があるよ

と思ったら、後ろから次のマシンがやってきました。

同じBASTOSのロベール&べドン組です!
ちなみに、この206WRC、よーく見ると2001年モデルなんですよ。

おお、おもしろい光景です!
タイヤを温めるためにローリングしています。道幅いっぱい使ってグリングリンしてます。

ああ、これを動画に収めたかったですね。


後ろから、Junior WRC (Super1600)のマシンも次々とやってきます。

ここで市街地を走るラリーカも収めておきましょう。

ひ〜!逃げ場がない!
結構なスピード出してます。

(AVIファイル、1.03 MB)


さて、スタートポイントに戻って参りました。

林の間から観客が観戦していますが、予想以上に地味な光景です・・・。

ぶおん、ぶおん、ぶおん、ぶお〜〜〜〜〜〜〜きゅきゅ〜っ!ばお〜〜〜〜!

駐車車両も少なく、人も少ない・・・納得です。
(ホイールスピンしたりして、それなりに楽しめますが)

あ、Gさんです。 SSの方はどうでしたか?

「いや〜、ずっと同じような光景で飽きる・・・。」

ですよねぇ〜(-_-)


いや〜、予想外に楽しい観戦でした! SSだけがWRCではない、というのがよくわかりましたね(笑)

ということで、これにて今日のSS観戦は完了です!

安全運転で、ちんたらと帰りましょう。

おかげさまで1日にSSを3ヶ所も周ることができました!

本当にありがとう!Gさん!(^o^)丿感謝


まだ夜の部「Leg1ゴールシーン」もあるよ


トップページへ